【攻殻好きは必見】PCにタチコマをインストールしよう。(Web媒介型攻撃対策ソフトウェア)

IT
この記事は約9分で読めます。

攻殻機動隊好きにはたまらないセキュリティ対策ソフトの紹介です。

攻殻好きなら今すぐインストールしよう!(笑)

スポンサーリンク

タチコマ・セキュリティー・エージェントって何?

ウイルス対策ソフトウェア

タチコマ・セキュリティー・エージェント(以下、タチコマSA)とは、アニメ「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズに登場するキャラクター「タチコマ」をモチーフにした、Web媒介型攻撃対策ソフトウェアです。

※ Web媒介型攻撃とは、フィッシングサイトなどのようにサイトにアクセスしただけでウイルスに感染するようなタイプの攻撃のことです。

タチコマがWebブラウジングを守ってくれる

『少佐、攻撃をブロックしました!』

インターネット閲覧時に、タチコマSAが以下のようなサポートによりハッキングから守ってくれます。

【サポート内容】
(1) Webブラウザの中でWeb媒介型攻撃の観測・分析
(2) 攻撃検知時には悪性Webサイトの閲覧をブロック
(3) 警告やアドバイス
さすがに攻性防壁で反撃!という訳にはいかないですけど。

並列化して成長する

『すごーい! 経験値がどんどん上がっていくー!』

タチコマSAは成長します。

インターネット上に分散した他のタチコマSAたちと並列化(情報集約・横断分析・新機能展開等)を繰り返し、最新のWeb媒介型攻撃に対応します。

あなたのタチコマSAの経験値(ブラウジングの情報)と、他のタチコマSAたちの経験値を並列化してレベルアップしてくれるんですね。

実証実験の一環

実はこれWarpDrive(Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発)という、Web媒介型攻撃の実態把握と対策技術の向上のための研究開発の一環なんです。

Web-based Attack Response with Practical Deployable Research InitiatiVE

2018年6月1日(金)から2021年3月31日(水)の期間限定の実験で無料で参加することができます。

かくいう攻殻機動隊の公安9課も最新の実験兵器を活用した部隊でしたし、タチコマ自体も実験機体でしたね。タチコマをモチーフにした実験に参加するというのも乙なもんじゃーないでしょうか。

ちなみにこんな感じでプロジェクト貢献度が表示されます。

インストール

公式サイトが良くできているので、そちらを参照ください。

ちなみにGoogle Chromeの拡張としてインストールするタイプなので、それ以外のブラウザでは動作しません。あしからず。

ちなみに参加者は2019年7月現在で3,500人ほど。もう少し増えて欲しいですね。

使ってみた感想

効果は今のところあまり実感なし!?

あまり(!?)怪しいサイトには訪問しないこともあって、今のところタチコマにページをブロックしてもらうことにはなったことはありません。

もともとウイルス対策ソフトをインストールしていることもあり、プラスアルファとして効果を実感できてはいないですね。

将来的にはこの技術がウイルス対策ソフトウェア(ウイルスバスターやノートンのような)に組み込まれることになるのでしょうか。

やっぱりタチコマかわいい

ページの解析や履歴(HISTORY)を参照する際に、タチコマが登場してコメントしてくれます。かわいい。

残念ながら音声はないので文字としぐさのみとなります。玉川 砂記子さんの声があったら最高だったのですが、それでもこのかわいさには癒されます。

背景画像は切ってしまった

新規タブを開くと攻殻機動隊の背景画像とともに簡易版ダッシュボードを表示してくれる機能があるのですが私は切ってしまいました。

新規タブを開くとGoogleが開くようにしていたので、使い勝手が落ちてしまったためです。

<新規タブで背景画像を表示しない方法>
[SETTINGS] → [新しいタブ]から「元の表示にする」を選択

(追記)良く見るとページの左上にGoogle検索窓がありましたね、失礼しました。少し使ってみます。さすがにサジェスト機能は無いようなので、不便に感じたらまた戻してしまうかも。

HISTORYは最初は面白いけど飽きる。でも可能性を感じる。

HISTORYという機能。

『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』の第19話で、少佐(草薙素子)がタチコマと一緒にクゼの電脳に向かっているシーンをモチーフにしたとのことですが、とてもかっこいい。

だが、飽きる!

過去履歴をたどるのってそんなにないし、グラフィカルに見れてもあまり実用的ではないんですね。まぁ、世界観を体験するコンテンツなのではあるのですが。

ただし、このインターフェイスを実用的な場面で利用できれば非常に面白そう

例えば、検索結果の画面をこのインターフェイスでみれたら、ネットにダイブしている感覚が味わえそう。VRと組み合わせれば本当に攻殻の世界が味わえるのでは。

総評

ぶっちゃけ今のところはインストールすることによるセキュリティ的なメリットはあまり感じないですね。

ですが、自分がアクセスした時間の長いサイトを表示したりなどのダッシュボード機能は自分の行動を可視化できるのでおもしろいです。

また、Web閲覧自体がWebセキュリティ技術への貢献となるため、自分の暇つぶしにしかなっていなかったものが、誰かの安全を守ることに繋がるということで少し喜ばしいことかもしれません。

ですが、これは同時に自分の閲覧情報を(匿名とはいえ)提供することになるのでこれを嫌だと思う人にはおすすめできないですね。逆にこれに抵抗がそれほど無く、攻殻機動隊やタチコマが好きならインストール一択ではないでしょうか。

という訳で、この実証実験に賛同される方はインストールをどうぞ。

現実世界のタチコマ

タチコマはやはり人気なだけあって、フィギアも多く出ています。

1番ガチなやつはたぶんこれ。CEREVOの「うごく、しゃべる、並列化する。 1/8 タチコマ」なんとお値段約20万円!!ほぼAIBOですね。

原作における並列化といった世界観を再現した他、スマートフォンからタチコマを歩行・走行させることが可能とのこと。玉川 砂記子さんの声でしゃべってくれるそうな。

タチコマには言葉を学習させることができるのだけど、クラウド上で並列化され、どこかの誰かがタチコマに覚えさせたことばを、学習してくれるそうな。

あとはリアル風味なタチコマとか、ちょっとデフォルメされているタチコマなんかもいますね。こちらはネンドロイド版タチコマ。かわいい。

ちなみにタチコマは、過去に擬人化(?)もされたことがあったみたい。気になる人は「タチコマ けものフレンズ」でググってみては?

コメント

タイトルとURLをコピーしました