豆苗を育てるのがたのしい件

グルメ
この記事は約2分で読めます。

食材として購入した豆苗が、育てるともう一度おいしく頂けるという事で育ててみることにしました。

最近のマイブームです。

スポンサーリンク

豆苗とは

豆苗(とうみょう、ドウミャオ)はエンドウの若菜。元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもので、中華料理の高級食材だったが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付き、またはカットされて販売されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スーパーで100円前後で買える野菜です。

豆から発芽させたということでもやしの仲間みたいな物ですが、青々と生い茂った様子やしゃきしゃきとした食感、少し青臭いような香りは水菜に近いと思います。

生で食べても美味しいですし、炒め物にしても美味しくいただけます。

5日ぐらいたったご様子

豆苗:5日目

少しずつ芽が伸び始めてきました。

元気に伸びてくる姿は・・・かわいい。

太陽の光を当てるために窓際においていると、窓のほうに向かって芽が伸びていきます。ひまわりのように。

ですが、あまりにもぐんぐん窓のほうに向かっていきはみ出しそうなので、かわいそうですが反対方向に配置しなおしました。

でも半日程度で、もう外に向かっていくようになっていました。

他にも2つほど育てています

豆苗

良い容器が無かったので、鍋とボウルを使っています。

プラスチックの容器はまだ3日目ぐらいなので、まだあまり伸びていませんが、すくすくと育っています。成長が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました