facebookに障害。twitterに続々とコラ画像が。陰謀論の声も

IT
この記事は約4分で読めます。

2021年10月5日未明頃から、facebook,Instagram,WhatsAppに障害が発生しwebページにアクセスできない接続障害が発生しているようです。

一部の人々が私たちのアプリや製品にアクセスするのに問題があることを認識しています。できる限り迅速に正常な状態に戻すよう努めておりますが、ご不便をおかけして申し訳ございません。

引用元:Facebook公式Twitter(自動翻訳)
スポンサーリンク

原因は不明

原因は不明のようですが、どうやら何者かが誰かがFacebook、Instagram、WhatsAppのDNSAおよびAAAレコードを削除してしまった?ルーティングがめちゃくちゃになっている模様。

クラッカーの意図的な仕業か、あるいは何等かのミスでしょうか。

前日に内部告発があったばかり

Facebookの説明は「虚偽」 内部告発者が批判
【シリコンバレー=奥平和行】米フェイスブックが児童保護などに関する自社に不都合な調査結果を隠していたとされる問題で、米メディアなどに内部資料を提供してきた同社元社員が3日までに名乗り出た。同日に放映した米CBSの番組に出演し、ヘイトスピーチ対策が進んでいるなどといったフェイスブックの説明が「虚偽」と批判した。フェイスブ・・・ 【 続きを読む 】

米フェイスブックが児童保護などに関する自社に不都合な調査結果を隠していたとされる問題で、米メディアなどに内部資料を提供してきた同社元社員が3日までに名乗り出た。同日に放映した米CBSの番組に出演し、ヘイトスピーチ対策が進んでいるなどといったフェイスブックの説明が「虚偽」と批判した。

関係はあるのでしょうか。

タイミングが良すぎるため、陰謀論を疑っている人も出てきているようです。

2019年3月13日にも似たようなことが起きていた

2019年3月13日にも、Facebook,Instagram,WhatsAppがシステム障害を起こし接続障害が起きていたようです。

Facebookのシステム障害を巡って拡散した「ハッカー陰謀説」の危険性
フェイスブックが運営するFacebookやInstagramなどがシステム障害でダウンした問題は、結局はサーヴァーの設定が問題だったことが同社の発表で明らかになった。しかし、当初はハッカーによる「陰謀説」がまことしやかに語られるなど、偽情報が流布していた。一連の騒動から見えてきた問題についての考察。

当時もInstagramが人身売買に悪用されている等の内部告発があったため、陰謀論が噂されていたようです。

「Facebook社のアプリをApp Storeから削除する」とApple社が警告。Instagramが人身売買に悪用(FINDERS) - Yahoo!ニュース
いまや、多くの人々にとってなくてはならない存在になったSNS。スマホアプリを通じ、楽しんでいる人も多いだろう。 そんな中、Facebook社のアプリがApp Storeから削除されるかもしれない、

ですが、当時の障害の原因はサーバの設定変更であるとして、ハッカー(クラッカー)の攻撃であることは否定されています。

FacebookとInstagramの大規模障害、原因はサーバの設定変更
FacebookやInstagramが使えなくなっていた問題が、約1日続いた後ようやく解消された。Facebookによると、原因はサーバの設定変更だった。

Twitter上に続々とコラ画像が

facebook等のサービスが障害で落ちている一方、Twitter上ではその状況を揶揄するようなコラ画像のツイートであふれていました。

早く復旧すると良いのですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました