台風が来たら会社なんて休んでしまおう

台風なら会社を休んでしまおう仕事
この記事は約4分で読めます。

日本人まじめ過ぎですよね。

台風が来ているというのに会社に出勤しようとして、電車が止まっているので人ごみの中何時間も待たされてストレス貯めて、あげくようやく出勤できたのは昼過ぎ。

定時まで働いたとしても4~5時間ぐらい。そして、帰宅。

・・・ここまでするぐらいなら、初めから休んでしまいましょうよ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00000040-it_nlab-bus_all
スポンサーリンク

台風が来たら休んでしまおう

台風は有給をどうどうと取る良いチャンス

そもそも有給があまり取れていない状況であれば、有給を取る良いチャンスじゃないですか。最近は有給を年5回以上取らないと罰則とか、それぐらい有給が取れていないのが一般的?なんですから、こういう日ぐらい休みましょうよ。

台風が接近している事なんて、天気予報でいくらでも警告しているのだから事前に分かるはずです。なのに、いざ当日になってわざわざ電車に向かって、人ごみの中何時間も待たされるというのは絶対にやめたほうが良いと思います。

私もまだ社会人経験が浅いころは、何度か頑張って出勤しようとしてしまったことがありますが、どれも最悪の経験でした。

今では訓練されて、台風が来たら

休めるかも!

と、ちょっとうきうきしてしまうレベルです。台風情報を会社で露骨に共有しながら、休んだほうが良さそうですね、とか緊急時の連絡は~、とか言い回っています。

休んだほうがみんなハッピー

台風の中、みんな出勤予定。

管理者は社員が無事出勤できるのか、どれぐらいの遅れで出勤となるのか。逐一、状況を把握しておく必要があります。今、どんな状況か連絡を取ったり、上司に状況を報告したり大変です。

事前に休みとわかっていれば、何の心配も確認も要りません。

社員も出勤となれば、早起きして電車の運行状況を確認したり、人ごみの中電光掲示板を眺めてまだかまだかとイライラ。雨風も強いので傘もまともにさせず、お気に入りのスーツや靴、カバンをびしょびしょにしながら出勤となり最悪です。

事前に休みにしておけば、家でゆっくりと台風のニュースを見て過ごすことができます。

駅員さんも人が減れば、電車で待たされてイライラしたお客さんに罵詈雑言を受けずハッピーです。

休めなくてもせめて半休を取れないか検討

午後から荒れるということなら、見切りを付けてひどくなる前にさっさと帰りましょう。

激しい暴風雨の中で傘もさせず雨にぬれながら最悪の気分で帰宅するか、まだ明るい中いつもより早く帰宅して、普段できないことを悠々自適にするのはどちらが良いですか?

台風の日に出勤しても生産性が悪すぎ

時間はコスト

台風による交通機関の乱れによって時間を費やしていたとしたら、それはコストです。

当たり前ですけど、同じものを作り上げるのに2倍の時間がかかったということなら、それは生産性が2分の1ということです。

いつもは1時間で会社に着くところが3時間かかりました。ということであれば、それだけコストがかかっているということ。しかも、ストレスも溜まっているでしょうから、リアルな生産性も落ちていることでしょう。

それでも台風の日に出勤しますか?

自宅勤務(テレワーク)もあり

もし可能な会社であれば、わざわざ出勤せずに自宅勤務(テレワーク)するという選択肢もありますね。

それでもどうしても出勤しなければならないなら

家でコーヒーを飲みながら運行情報をチェック

家でコーヒーでも飲みながら運行情報をチェックして、そろそろ動き出すかな?ってタイミングで家を出て、遅延証明をもらって(今はWEBサイトから取得もできますね。)ゆうゆう出勤すれば良いんです。

どうせ電車が動かないのであれば、快適な環境で過ごしたほうが良くないですか。

どうしても定時出勤が必要なら近場のホテルに泊まる

台風だとわかっている中、どうしても出勤が必要ということであれば、会社が責任を持って対応が必要です。

そもそも台風の中に出勤しようとしても、時間通りに出勤できる可能性が低いですし危険です。そんなことが発生したら労災もんです。

ですので、ホテル代を出すよう会社に掛け合って、近場のホテルに泊まって朝から出勤してしまいましょう。それで断られたら、どうどうと遅れていくか休んでしまいましょう。

さいごに

この記事も台風接近のため有給を取得して、コーヒーを飲みながら自宅で書いています。

日本人はまじめですよね。

まじめなのは良いことではありますが、まじめ過ぎると様々な選択肢を見落としてしまう場合があります。

ちょっとだけふまじめになって、良い意味でのサボり方を身につけるともっと幸せになれると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました