【期間終了】漫画を無料で読み放題!「少年ジャンマガ学園」がすごい。期間限定で公開中。要チェックだ!

エンタメ
この記事は約5分で読めます。

©少年ジャンマガ学園製作委員会

少年ジャンプと少年マガジンが奇跡のコラボ!

ジャンプとマガジンの連載作の164作品が無料で読める「少年ジャンマガ学園」を2019年6月10日までの期間限定でオープンしました。

 

2019/6/11更新
「少年ジャンマガ学園」での漫画無料公開期間は終了しました。
以降は卒業式のページが表示されます。

 

それでも漫画を読みたいんだという場合は・・・

漫画全巻セット一括購入して、見てしまうのがおすすめ。

 

また、他にも漫画を見る方法はこちらでも紹介しています。

違法じゃなくても、漫画を無料で読める方法4選【全巻読めるコミックも有り】
暇つぶしにはやっぱり漫画だよね。でも、無料で読めないかな。合法的に! ・・・読めるよ! 無料・・・ 【 続きを読む 】

 

 

暇つぶしとかいうレベルじゃない!!さっそくチェックだ。

スポンサーリンク

ここがすごい!!

150作品以上の漫画が無料で読み放題

「週刊少年ジャンプ」「少年ジャンプ+」「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マガジンポケット」の計5媒体で連載されている約150作品(2019年4月8日時点)を無料で読むことができるWEBサイトです。

作品によって読める話数が異なるようですが、多いものでは100話を超える話を読めるものもあります。逆に少ないものだと3話ぐらいのものもあります。(2019年4月8日時点)

週刊誌であれば1巻あたり8話 ~ 10話程度の収録ですので、10巻分以上も読めてしまう作品もあるようです。無料でこれはすごい!!

全巻分公開というのはぱっと見なさそうな感じでしたが、気になっていた作品を途中まで読めるのは嬉しいですね。

一部ピックアップ(4月8日時点)

進撃の巨人 第66話まで

7つの大罪 第109話まで

ハンターハンター No.083まで

僕のヒーローアカデミア No.8まで

終末のハーレム 第3話まで

リアルアカウント account80まで

食戟のソーマ 15話まで

結構、公開している話数にばらつきあり

基準は何でしょうか。

追加開放もある

追加開放もしていくそうなので要チェックですね。

おすすめしてくれる

AmazonプライムとかNetflix(ネットフリックス)みたいな感じでトップページで、漫画をおすすめしてくれるみたい。

閲覧履歴を見てるっぽいですが、他にも条件があるのかな。

ゴールデンウィーク(GW)期間も読み放題

期間限定のサイトですが、ゴールデンウィークもしっかり公開期間に含まれています。

公開は4月8日~6月10日までです。ゴールデンウィークのある5月はしっかりカバーされています。これでゴールデンウィークの暇つぶしはばっちりですね。

ただし全話が公開されている訳ではないので、気に入った作品が見つかったら大人買いしてゆったり見るのが賢そうですね。

まさかの22歳以下限定

ジャンマガ”学園”というだけあって若者限定のサイトだそうです。
初めてアクセスしたときに、「生まれた年」を入力する画面が表示されます。

ここで、22歳以上になる「生まれた年」を選択すると・・・

入学できませんでした 笑

でもご安心を。もう一度、アクセスしなおして、22歳以下になる「生まれた年」を選びなおせばすんなり入学できます。これで漫画読み放題。

自己申告制で年齢詐称してもOK。メールアドレスなどの面倒な会員登録もありません。

アプリで使えるポイントや、LINEポイントなどをゲットできる「マンガリレー」や「卒業式」などの企画には「Twitterログイン」や「LINEログイン」が必要みたいです。

詳しくはQ&Aを参照してください。
https://jm-gakuen.jp/qa/pc/

少し問題点

漫画のビュアーが重い(てか、漫画が読めない・・・)

初日ということもあってアクセスが集中しているんでしょうか、漫画を開こうとしても全然開きません。ずっと真っ白い画面のままですね。

サイト自体はサクサク表示されるんですが・・・

漫画サイトで漫画が読めないとは、これいかに。(4/8時点)

治ってました!人気作品もストレスなく読めます。すばらしい!!

最後に

これは久々に興奮した話題でした。マジで、マジかと思いました。(語彙なし)
無料でこんなに公開しちゃって良いのかよ、と。

なぜこんなサイトを作ったのかというと『若者にマンガの魅力を知ってもらうための取り組み』とのことです。

現代は娯楽が世に溢れています。インターネットやスマホが若者にも普及し、当たり前のように無料でゲームがダウンロードできるし、例えばyoutubeを開けば面白い動画が溢れていてこれも無料で好きな時に見ることができます。

たった十年ちょっと前であれば、ゲームは数千円出して買うものだったし、漫画もおこずかいを握り締めて本屋さんに単行本を買いに行って見るものでしたが、今は時代が変わったということです。

強力なライバルが増えた今、ここまでしないと行けない状況に漫画業界は追い込まれているということでしょうか。

しかし、コンテンツが無料で提供されまくる現代は少し心配な面もあります。音楽や漫画、動画は無料があたり前、ということになってしまうと、それを生み出すクリエイターがどんどん苦しくなっていきます。時間をかけて作品を生み出しても、お金にならなければ生活ができない。生活ができないと続けられない。そして、新しい作品が生み出されなくなっていく。

・・・

まぁ、こんな素晴らしい企画を実現してくれたときに難しいこと考えるのはやめよう。

せっかくのこの機会に色々と楽しませていただきましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました