【中田ヤスタカ】きゃりーぱみゅぱみゅのcapsuleカバーをまとめてみた

音楽
この記事は約6分で読めます。

この前ブックオフで漫画を物色していたところ、店内放送で聞き覚えのある曲が聞こえてきたんですよ。それはcapsuleの「恋ノ花」です。

「恋ノ花」はcapsuleのシングル「東京喫茶」のカップリング曲で、ファーストアルバム「ハイカラ・ガール」にも収録されています。たぶん結構マイナーな曲です(と自分では思ってました)。そしてcapsuleの初期の曲ってクラブミュージックっぽい曲ではなくJ-Popっぽいんですよね。

で、そのマイナーな曲が何で店内方法(USEN?)でかかっていたのかというと、どうもきゃりーぱみゅぱみゅがカバーしていてそれが流れていたみたいでした。歌っているのがこしじまとしこじゃなくてきゃりーぱみゅぱみゅなんですよね。

これまでもきゃりーぱみゅぱみゅはcapsuleの曲を結構カバーしていて、何となく認識はしていたんですけど、気になったので今回はそれをまとめてみようと思いました。

スポンサーリンク

きゃりーぱみゅぱみゅのcapsuleカバー一覧

#タイトルカバー(きゃりーぱみゅぱみゅ)収録アルバムリリース日原曲(capsule)収録アルバムリリース日
1jellyもしもし原宿(ミニアルバム)2011年
8月17日
FRUITS CliPPER2006年
5月10日
2RGBなし(ライブのみ「ドキドキワクワク ぱみゅぱみゅレボリューションランド2012 in キラキラ武道館」)phony phonic2003年
11月19日
3Super Scooter Happyなんだこれくしょん(2ndアルバム)2013年
6月26日
S.F.sound furniture2004年
6月9日
4do do pi doピカピカふぁんたじん(3rdアルバム)2014年
7月9日
L.D.K Lounge Designers Killer2005年
9月21日
5恋ノ花じゃぱみゅ(4thアルバム)2018年
9月26日
ハイカラ・ガール2001年
11月21日

jelly

【LIVE VIDEO #37】jelly at 代々木第一体育館 2014 / きゃりーぱみゅぱみゅ

RGB

【LIVE VIDEO #46】RGB at 日本武道館 2012 / きゃりーぱみゅぱみゅ

Super Scooter Happy

【LIVE VIDEO #29】Super Scooter Happy at 横浜アリーナ 2014 / きゃりーぱみゅぱみゅ

do do pi do

【LIVE VIDEO #91】do do pi do at 国際フォーラム 2018 / きゃりーぱみゅぱみゅ

Kyary Pamyu Pamyu – Do Do Pi Do (Koko, London July 2016)

恋ノ花

【LIVE VIDEO #89】恋ノ花 at 国際フォーラム 2018 / きゃりーぱみゅぱみゅ

きゃりーぱみゅぱみゅ – 恋ノ花 , ライブミュージックビデオ from 星屑のチェリーマティーニ

カバーの時期について

2011年、2012年、2013年、2014年と毎年カバーしているけど、2015年~2017年の3年間はカバーされていなかったです。この時期はいわゆる原宿系の人気に陰りが出てきた時期みたいで、きゃりーぱみゅぱみゅの人気もちょっと下火になってた時期だし仕方が無いかな。その後、2018年の4thアルバム「じゃぱみゅ」にてカバーをしています。

また、1stアルバムの「ぱみゅぱみゅレボリューション」ではカバー曲はありませんでした。1stアルバムは完全にきゃりー自身のアルバムとするため入れてなかったと考えるのが自然ですかね。

カバーの選曲の傾向

1曲目は「jelly」

どっちかというとcapsule後期の曲でクラブミュージックっぽい感じの曲調。あんまりきゃりーぱみゅぱみゅっぽくない?
おそらくまずきゃりーぱみゅぱみゅを売り出そうというタイミングなので、曲自体の認知度が高い曲を選択したんだろうなと思う。

2曲目~4曲目は「RGB」「Super Scooter Happy」「do do pi do」

capsule中期の曲でピコピコサウンドのかわいい曲。うん、これはきゃりーぱみゅぱみゅっぽい曲たち。
カバーした時期もきゃりーぱみゅぱみゅの全盛期で、きゃりーらしい曲を選択したのは間違いないと思う。

5曲目は「恋ノ花」

capsuleの初期の曲でJ-POPっぽくてしっとり系の曲。これまでのきゃりーぱみゅぱみゅのかわいい系のイメージから少し方向転換。新しい方向性の曲を選択したんでしょうか。

こうしてみると、capsuleの辿ってきた道を逆行していっていますね。
そう考えていくと「恋ノ花」はcapsuleがCDデビューした2001年にリリースした曲ですから、これ以上逆行する道はなくて、逆行するとしたらデビュー前の状態、つまりあとは引退の道を辿るしかないということになるんでしょうか。

そうすると最後にカバーする曲はcapsuleの1stシングルの「さくら」だったりして

さいごに

まとめてみると、意外とカバーしている曲数は少なかったです。もっとしてると思ったんだけど。

もしまだカバーする機会があるのなら、capsuleの初期の曲は個人的にすごく好きな曲が多いのでぜひカバーしてもらいたいです。「壊れた時計」とか「写真」とかどうですかねヤスタカさん。

逆にcapsuleというか、こしじまとしこきゃりーぱみゅぱみゅの曲をカバーするのも面白そう。「スキすぎてキレそう」とか雰囲気的によさそうだし、こしじまとしこのwikiに「つけまつげ収集」が趣味とあるので「つけまつける」とかぴったりなんじゃないでしょうか。

以上、ありがとうございました。

 

コメント

  1. takashi より:

    はじめまして。
    あれ、あのカバーはいつだったっけな、なんて思って調べてて辿り着きました。
    カバー曲自体は少ないのですが、こうしてまとまっていると凄く参考になります。
    コメントもいちいちうなずけるもので、こしこさんの「つけまつける」本当に聞いてみたい感じがします。

    それと、こしこさんのカバーバージョンに対する感想も聞いてみたいです。

    「jelly」はやっぱり圧倒的にこしこさんのバージョンがかっこいいと思いますけど、「do do pi do」はきゃりーぱみゅぱみゅ様の為の楽曲ってぐらいはまってると思います。

    次はどのカバーになるのかなあ。多分アルバムごとに1曲ずつ入ってくると思ってます。
    完全な妄想ですが、ファーストアルバムには「RGB」が入る予定だったんだけど、何かが起こったんじゃないか、なんて考えたりしてます。

    ともあれ、これからもヤスタカさんの曲をずっと歌って行ってほしいって思っています。
    素敵なブログ、ありがとうございました。

    • プカプカ より:

      コメントありがとうございます!

      確かにファーストアルバム(ぱみゅぱみゅレボリューション)にRGBが入っていてもおかしくないんです。
      ライブの時期とアルバムの発売時期も2012年で近いです。

      実はとても素敵なカバーなのに認知度がたぶん低くてもったいないですよね。

      >ともあれ、これからもヤスタカさんの曲をずっと歌って行ってほしいって思っています。
       本当にそうですね。

      補足:youtubeの動画も再生できなくなっていたので公式の動画を張り付けさせていただきました。

タイトルとURLをコピーしました