【ロシアの珍しいチョコ】ウニと昆布味のチョコレートを食べてみた

変わり種
この記事は約5分で読めます。

ロシアのウラジオストクの老舗メーカー沿海製菓のチョコを食べてみた感想です。

今回は「ウニと昆布味」という珍しいフレーバーのチョコレート。ウニ味って。

「ウニと昆布」はロシア語では「Морской ёж и ламинария」と書きます。「 Морской ёж」は日本語で海のハリネズミとう意味でウニのことだそうです。

ウニ味と昆布味のチョコなんて、まず日本では見かけない組み合わせですよね。

ごはんと一緒に食べたら絶対に美味しいと思いますが、ウニ味をチョコレートと一緒に味わったらはたして美味しいのか。。

スポンサーリンク

パッケージ

デザイン自体はとても高級感のある良いデザインですね。贈り物やお土産にも良さそう。ですが、この絵はウニではなくクラゲにしか見えません。

サイドはこんな感じ。

裏面は成分表です。ロシア語読めない・・・

と思ったら、良く見てみると英語も書いてありました。

ウニは英語で「sea urchin」。しっかりと入っているようです。また、カカオは40%以上含まれているようですね。

パッケージは紙の包み紙と、その下に銀紙という感じで裏面の継ぎ目のところからぺりぺりと剥がすことができます。

日本のチョコレートのように密閉はされている訳ではないようでした。

ウニと昆布味のチョコレートを食べてみた感想

まずは匂いから・・・

普通のチョコレートです。甘く良い香りで美味しそうです。

それでは一口・・・

普通に美味しい!

上品な甘さで口解けもよく舌ざわりがなめらかです。普通に美味しいチョコレートでウニも昆布も見当たりません。

これは肩透かしかな。

・・・

んっ?

でも後味に何かいる。

何やら苦みというか、臭みというか。

これはもしかしてウニか?何やら雲行きが怪しくなってきました。

そしてさらに味わい進んでいくと今度は青臭さが・・・

昆布だ!口の奥、ちょうど舌の根本の両サイドあたりに確かに昆布の風味がこんにちはしています。

先ほどまでチョコレートを食べていたはずなのに、食べ終わった後の口の中には苦みと青臭さが残っていました。

何欠片か食べていると、

わかりますかね。チョコの下のほうに緑の欠片が入っています。

時折ジャリっとした食感と塩味、そして強烈な磯の香が・・・

よく見ると昆布の欠片と思われるものが入っていました。お前か。

何かが記憶の脳裏に蘇ります。

そうだ、あれだ駄菓子の浜風。

こいつが粉砕されたのがチョコレートに入っている感じ。でも、浜風よりもちょっと塩味が効いているかな。

そして相変わらず謎の苦み。ウニ?

結局美味しかったのか

美味しかったですが、不味かったです!?

チョコレートの味自体はとても美味しく上品な味でした。ですので、食べ始めの段階では非常に美味しく感じました。

ですが、後味が悪い。昆布の青臭さと謎の苦み・・・なんか胸がちょっと気持ち悪いような・・・

ウニと昆布味のチョコレートなのですが、ウニと昆布を抜いたら普通に美味しいと思いますw

ウニと昆布味のチョコレートについて

ホタテのダークチョコレートと昆布とウニのダークチョコレートは、「Primorsky Confectioner」工場が連邦科学研究所のスタッフと共同で開発したものです。G.B. ロシア科学アカデミー極東支部のエリヤコワ(TIBOH FEB RAS)。

引用:シーサイド製菓工場のシーサイドノベルティ ※ Google翻訳済み

どうやらこの昆布とウニのチョコレートは、ロシアの連邦科学研究所のスタッフと共同で開発したもののようです。なぜウニをチョコレートに入れようと思ったのか。

Primorsky Confectionerのもう1つの目新しさは、その有用性において遅れをとっていません。日本産ラミナリア(Saccharinajaponica)とウニ抽出物(Echinarachniusmirabilis)を使ったチョコレートの製造のために、TIBOK FEB RASの専門家は、ウニ抽出物に含まれる物質をウミケールの粒子の表面に適用するための特別な技術を生み出しました。この技術は、リン脂質、酸化防止剤、アミノ酸、ビタミンA、D、E、グループBなど、昆布とウニ抽出物の両方に含まれる物質の有益な特性の保存を保証します。

引用:シーサイド製菓工場のシーサイドノベルティ ※ Google翻訳済み

どうやら昆布は日本産のようです。

そして、何にやら特別な技術をつかって昆布の表面にウニの成分を付着させて、それをチョコレートに混ぜていたということですね。

なぜわざわざ連邦科学研究所と共同で特別な技術を生み出してまで、ウニ味のチョコレートを作ろうと思ったのか。

それと、色々と体に良い成分が入っているようですね。美味しい(!?)だけでなく体にも美容にも良さそうなチョコレートであります。

さいごに

この商品はロシアのウラジオストクの Приморский кондитер(プリモールスキー・カンヂーチェル) というお店の商品です。

噴水通りにあるお店か、地元のスーパーなどで買うことができます。

正直、味は人を選びますが、この後味さえ受け入れられれば普通にい美味しいチョコレートだと思います。話のネタにもなるのでぜひお土産にもおすすめしたいと思います。

しかも、他にも面白いフレーバーもありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました