健康診断の直前に少しでも体重を落とすための最終手段

ダイエット
この記事は約5分で読めます。

健康診断と言えば、どうしても気になるのは体重ですよね。

健康を診断するのだからありのままを測ったほうが良いとはいえ、体重測定の結果は記録として残ってしまいます。できれば、少しでも体重を減らして体重測定に挑みたいですよね。

今回は健康診断の直前に少しでも体重を落とすための最終手段を紹介したいと思います。

ただし、今回ご紹介する手段は効果も高いですが、リスクも伴いますので自己責任で実施してください。

スポンサーリンク

体重を落とすための最終手段

お風呂で大量に汗を流す

私はこれで健康診断の前日に75kgから72kgまで(-3kg)落としました 笑

用意するもの
・塩(スーパーで200円ぐらいで買えるあら塩がおすすめ)

方法は簡単です。

お風呂に大量の塩を入れて、長時間お風呂に入るだけです。

私の場合は健康診断の前日が日曜日だったため、塩を200g程度入れたお風呂にお昼3時間、夜2時間ぐらい入浴し、1日で3kg落としました。

塩はあら塩がおすすめです。安く購入できて、かつミネラル分が含まれるためです。
(精製された塩はNGです)

お風呂に塩を入れることにより発汗効果があがり大量の汗をかくことができます。なんと、塩を入れるだけで4倍も早く汗をかくと言われます。

 

お湯の温度は少しぬるめの40℃程度がよいでしょう。

人間の体の半分以上は水でできており、成人で約60%が水分といわれています。体重が70kgの場合、水分は42kgにもなります。そのため、体重をすぐに落とすためには水分を出してしまうのが有効なのです。

注意点

水分を出しすぎてしまうと脱水症状になってしまう可能性があります。落とす水分は体重の2%~4%程度に抑えるようにしてください。(体重40kgなら約1.5kg程度、体重70kgなら3kg程度)

体から水分を5%失うと脱水症状などが現れ、10%失うと筋肉のけいれんや循環不全が起きるといわれています。

もし、長時間の入浴で体調に異変があればすぐに入浴を中止して水分補給をするようにしてください。

下剤をのむ

お腹の中のものを出してしまえ!という訳です。

用意するもの
・下剤

便の状態にもよりますが、うまくいけば1kg以上落とせると思います。

腸内洗浄

これも下剤と同じ理屈でお腹の中のものを出してしまえ!ということです。

腸内洗浄ができる病院を探すか、最近は自宅で腸内洗浄できるキットもあるようですね。人に自分の「あれ」が見られるのが嫌だという人であれば、利用する価値がありそうですね。



食事を抜く

断食です。食べなければ増えません。

髪を切る

これも割と最終手段ですね。

10cmで100gだそうです。

まとめ

体重を短期間で減らすには、筋肉や脂肪などの変化に時間がかかるものは減らすのが困難です。

ですが水分や便などを排泄したり髪の毛などを体から除去すれば、短期間で体重を減らすことも可能です。

特に水分や便などの排泄は体重を大きく減らせる余地がありますが、方法を誤まると体調くずしてしまう可能性がありますので、無理のない範囲で行うようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました