このブログの設計書

この記事は約5分で読めます。

このブログが何でできているかの設計書です。
まずは立ち上げ時の内容で記載したいと思います。少しでも誰かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

インフラ

とりあえずブログをはじめようという所からスタートして色々なブログでおすすめされていたのでxserverにしました。ちょうど「キャンペーンドメイン」として、サーバー契約中はドメインが無料で使えるということだったのでそのままxdomainを利用することにしました。

サーバー:xserver

レンタルサーバー 高速・高機能・高安定性の【エックスサーバー】
高速かつ高い安定性を誇る高性能レンタルサーバー【エックスサーバー】稼働率99.99%以上の高い安定性で、業界トップクラスの高コストパフォーマンスを誇る高品質レンタルサーバーです。月額792円(税込)から利用可能。まずは無料お試し10日間。

ドメイン:xdomain

ドメイン名取得【Xserverドメイン】
ドメイン取得サービス【Xserverドメイン】は格安1円から取得可能!人気の.com/.net/.jpは1円からご利用いただけます。

かかった費用

結論から言うと、3ヶ月のサーバー利用のために

7,128円

最初にかかりました。

xserver:7,128円 (X10プラン × 3ヶ月)

初期費用3,000
月額1,200
契約月数3ヶ月
消費税率108%
7,128

xdomain:無料

最初ということで、3ヶ月で契約しました。
そうです。初回は初期費用が3000円かかるのです。

月々1000円程度ではじめられる!みたいなのを鵜呑みに、「まぁ、3000円だったら思い切って契約するかぁ」とお支払いまで進んだところ、7000円と表示されて最初は契約を躊躇してしまいました。

その後覚悟を決めてクレジットカードでお支払いしましたが。

アプリケーション

  • CMS:WordPress(ver. 5.0.2

CMS:WordPress(ver.5.0.2)

xserverを利用していたら、ほぼ一択なんじゃないでしょうか。ほぼ悩むことなし。

しかし、バージョンに問題が潜んでいました。

xserverで簡単インストールした直後のバージョンは4.x.xでした。ですが、はじめてWordPressの管理画面を開いたときに、なにやらWordPressをアップデートしろとの通知が。

はじめてのWordPress利用だったので、そりゃー最新のほうが良いだろうと思い、最新のバージョンをインストールしました。これが落とし穴でした。

WordPress4.0から、WordPress5.0へのアップデートでエディタが大きく刷新されていたのです。(あたらしいエディタはグーテンベルグというらしい)

後述の今回利用させていただいたWordPressのテーマでは、まだWordPress5.0に対応しておらず、せっかくのテーマの機能が利用できませんでした。最初から5.0がインストールされていなかったのはそういうことだったのか。。

ツールのメジャーアップデートには気をつけよう

WordPress:テーマ

  • cocoon
    (スキンは「Fuwari -褐色(かちいろ)- 」)
採用したテーマ
cocoon

以下の7つが主な特徴となります。

  1. シンプル
  2. 内部SEO施策済み
  3. 完全なレスポンシブスタイル
  4. 手軽に収益化
  5. ブログの主役はあくまで本文
  6. 拡散のための仕掛けが施されている
  7. カスタマイズがしやすい

引用元:cocoonの特徴

以下の条件でテーマを探しました。
  • 無料であること
  • シンプルで見やすいデザインであること
  • SEO対策済みであること

そして決め手になったのがこれ。

吹き出し機能

なんか、ぽいよね。

採用しなかったけどぐっときたテーマ

Godios(ゴディオス)

Luxeritas(ルクセリタス)

Godios

ページ遷移がくっそ早い。

simmon.design
Find the best information and most relevant links on all topics related toThis domain may be for sale!
Luxeritas

無料なのになんか色々すごいらしい。

Luxeritas Theme | SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ
Luxeritas はSEO最適化済み、レスポンシブデザイン、高カスタマイズ性にも関わらず、Webページを高速に表示するための仕組みを満載した、無料の WordPress テーマです。
cocoonを採用した決め手

cocoon、Godios、Luxeritasの3択になった訳だけど、デザイン的な好みでcocoonかLuxeritasの2択まで絞って、最後に吹き出し機能でcocoonに決めました。

 

 

WordPress:プラグイン

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • WP Multibyte Patch
  • Classic Editor
  • Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)

WordPressの初期インストール時から入っているものと、後からインストールしたものがあります。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
スパム防止。
WP Multibyte Patch
文字化け防止
Classic Editor
WordPress5.0で、WordPress4.0までのエディターが使えるようになるもの。
WordPressのバージョンで書いたけど、WordPressテーマのCocoonのエディタ機能がWordPress5.0のエディタ機能に対応していなかった。その対応方法がこのプラグインでした。これを入れることによってcocoonの素敵エディターがやっと使えるようになりました。
Google Analytics Dashboard for WP (GADWP)
  • Googleアナリティクスのトラッキングコードを埋め込んでくれる。
  • Googleアナリティクスの内容がWordPressのダッシュボードから確認できるようになる。

 

 

最後に

とまぁ、どばーっと書いてみましたが、見出しのつけ方、リンクのつけ方とかまだ手探り状態です。そもそも今回の内容って、1回の記事で書くようなことなのかな!?
とはいえ、まずはどんどん投稿するのが大事、ってことでこれからも頑張ってみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました